ヘッダー
ヘッダー ヘッダー 小 ヘッダー 中 ヘッダー 大 ヘッダー
ヘッダー ヘッダー ヘッダー
ヘッダー English ヘッダー Portuguese ヘッダー 交通案内 サイトマップ
ヘッダー ヘッダー
ヘッダー
各診療科のご紹介

各センターのご紹介

各部局のご紹介 医療安全管理室のご紹介
 
 
第一部長 寺本友三
第二部長
兼救急入院センター
副センター長
中島基晶
第三部長
兼卒後臨床研修センター
副センター長
中田 純
副部長 稲生光春、佐野逸郎
医長 山口慎也、高橋徹行
医員 伴野なつ美、芝 朋加、寺田万紀子

 
 
第1診察室 午前 - 交替制 - - -
午後 - - - - -  
※ペインクリニック外来について
現在、当院はペインクリニック専門医が不在となっております。そのため当面の間、新規のペインクリニック診療をご希望される患者様をお受けすることができません。ご理解、ご了承をよろしくお願いします。再開時には病院ホームページ等でお知らせさせていただきます。

各手術おける全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔

麻酔科医の役割は手術中、患者さんに麻酔薬で眠っていただくだけではありません。

手術中の血圧などの循環動態の管理、呼吸状態の管理、輸液、輸血などの管理や、手術中に生じた不整脈や喘息発作などの合併症の治療、すなわち手術中の内科的な診療のほぼすべてを行います。

また、手術前に患者さんの全身状態を診察し、手術が可能かを判断したり、最適な麻酔方法を選択します。

より安全でより苦痛の少ない手術のために努力しています。

近年、医療技術の進歩とともに麻酔の安全性も高くなってきています。

しかし、その反面、平均寿命の高進とともに、高齢の患者さんが増えています。

高齢になれば、合併症も多く、麻酔の危険性は高くなります。その一方で新生児の症例は一層未熟な児も手術対象になってきています。

以前では手術できなかった症例も行えるようになってきていますが、麻酔の難易度はますます高くなり、より高度な麻酔管理能力が必要とされています。

東三河随一の基幹病院の麻酔科として、多彩な内容の手術における麻酔や重篤な合併症をもつ患者さんの麻酔を日々行っております。

平成24年は1年間で当院では7,468件もの手術を行いました。

  • そのうち全身麻酔は3,491件でした。
新生児から高齢者まで数多くの患者さんの麻酔を管理しています。

当院では麻酔における最新の自動麻酔記録装置が完備されており、より正確な手術中の記録が保存されています。

当院では救急救命士の気管挿管実習を実施しております。全身麻酔を受けられる成人患者さんの中で、比較的全身状態が良好な方にご協力をお願いする場合があります。
交通外傷などによる心肺停止状態では一刻も早い気管挿管による気道確保が救命率を上げるのに有効ですが、現在東三河地区にはまだ十数名しか資格をもった救命士はいません。
是非、ご協力をお願いいたします。