教育体制

教育体制

教育目的

  • 看護の専門職業人としての役割遂行能力を高め、看護実践の質的向上を図る。

教育目標

  • 看護実践力を高め、対象に応じた質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
  • 組織における自己の立場・役割を認識し、責任ある行動をとることが出来る看護師を育成する。
  • 専門職業人として主体的に学び自己研鑽できる看護師を育成する。
  • 対象を一人の人間として尊重し、思いやりをもって看護できる看護師を育成する。
このページの先頭へ

新人看護職員研修(フレッシュ研修)

目的

職場への早期適応と看護実践者としての基本的な能力を習得する。

目標

1.専門職業人・社会人・組織人としての態度を身につける。
2.日常生活援助のための基本的知識・技術を身につけ、ケアが安全・確実に実施できる。
3.チームメンバーとしての役割と責任を果たすことができる。
4.夜勤が一人立ちできる。

研修イメージ

平成31年度フレッシュ研修計画

 平成31年度フレッシュ研修計画(PDF/122KB)

平成31年度クリニカルラダー能力別研修一覧(到達レベル)

 平成31年度クリニカルラダー能力別研修一覧(PDF/129KB)

キャリアアップ・
新人研修

このページの先頭へ