1. TOP
  2. 部門紹介
  3. 産婦人科(生殖医療)

産婦人科(生殖医療)

このページを印刷する

スタッフ

安藤 寿夫

安藤 寿夫写真

職位 産婦人科(生殖医療)部長
兼総合生殖医療センター長
出身大学 名古屋大学(S62卒)
学会資格・
教育等の資格
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本生殖医学会生殖医療専門医
臨床研修指導医
名古屋大学医学部臨床講師・非常勤講師
母体保護法指定医
日本産科婦人科学会生殖内分泌委員会小委員
日本生殖医学会理事
中部生殖医学会副会長
日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー
日本不妊カウンセリング学会評議員
日本IVF学会理事
日本生殖工学会理事
Reproductive Medicine and Biology,Exective Editor
生殖バイオロジー世話人
東海ARTカンファレンス世話人
医学博士

外来担当表

総合生殖医療
センター
午前

安藤

安藤 安藤 安藤

午後 國島/安藤 尾瀬/安藤 嶋谷

主な対象疾患

  • 不妊症全般
  • 卵管性不妊症
  • 男性不妊症
  • 卵巣性不妊症
  • 子宮性不妊症
  • 機能性(原因不明)不妊症
  • 習慣流産
  • 排卵障害
  • 黄体機能不全
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 卵巣腫瘍(良性)
  • 月経不順

上記の疾患により、将来妊娠できるか心配という未婚女性も対象としています。
なお、上記の疾患でも悪性かどうか心配、無事に出産できるか心配という場合は産婦人科を受診してください。

当院以外で治療を受けられている患者さんのためのセカンドオピニオンについては、別項をご覧下さい

特色

産婦人科は大きく分けて、次の3つの分野から成り立っています。当院では、生殖内分泌分野を総合生殖医療センターが担当しています。これにより、産婦人科の重要な3分野すべてが専門的に連携しあっています。

周産期 妊娠・分娩を取り扱います。
腫瘍 子宮癌や卵巣腫瘍などの女性生殖器腫瘍性病変の治療を行います。
生殖内分泌 不妊症や、子宮内膜症や子宮筋腫などの良性生殖器疾患を有し、将来の妊娠を希望する女性が対象です。←総合生殖医療センターが担当

現在実施中の臨床研究

豊橋市民病院産婦人科(生殖医療)では、以下の臨床研究を実施しています。

更新日:2018年10月22日

管理
番号
試験名院内
代表者名
研究の対象開始日終了
予定日
公開
文書
旧001 体外受精・胚移植 安藤寿夫 従来の方法では妊娠に至らなかった難治性不妊症(卵管不妊、子宮内膜症不妊、男性不妊、免疫学的不妊、機能性不妊) 1996/
05/31
旧002 凍結受精卵融解胚移植 安藤寿夫 体外受精・胚移植を受けた患者 1996/
05/31
旧004 顕微鏡受精法 安藤寿夫 従来の培精法では受精卵を得るのが困難な重症な欠精子症、精子無力症及び、過去の体外受精に於いて受精が困難であった受精障害例 1997/
03/17
旧007 精子凍結保存 安藤寿夫 射出精液中に精子が認められない閉塞性無精子症、又は射精により得られた精子でも極めて量や数が少なく、一回量の精液では不十分な場合や射出困難な患者 1998/
09/01
旧013 受精卵凍結保存説明ならびに同意書の改訂 安藤寿夫 受精卵凍結適応患者 2000/
04/11
旧128 下垂体腫瘍組織からの細胞株樹立と細胞株が産生する物質を用いた研究および臨床応用 安藤寿夫 FSH・PRL産生下垂体腫瘍 2006/
08/16
旧235 体外受精反復不成功難治症例に対するアロマターゼ阻害薬の使用 安藤寿夫 体外受精反復不成功難治症例 2010/
01/25

フロア案内

フロア案内画像