ご利用案内

入院のご案内

入院手続きについて

指定された日時に、入院手続きに必要なものを持参し、「❽番 救急外来・入院受付」へお越しください。

入院手続きに必要な持ち物
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 公費受給者証等
    (子ども医療、障害者医療、指定難病など)
  • 限度額適用認定証
  • 入院申込書

入院生活について

当院では、質の高い看護の提供や医療安全の確保のため、入院患者7人に対し1人以上の看護師を配置して患者さんが快適な療養生活を送れるよう取り組んでいます。そのため、入院する患者さんやお見舞いに訪れる方には当院の定めた規則をお守りくださるようお願いしております。なお、乳幼児や手術施行後など患者さんが不安になられて、ご家族等の付添が必要と思われる場合は病棟看護師にご相談ください。

入院生活に必要な持ち物
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 介護保険証(お持ちの方)
  • 服用中の薬
  • 公費受給者証等
  • 服用中の薬がわかる処方箋やお薬手帳
  • 寝衣・タオル※1
  • 下着類
  • 洗面用具
  • バスタオル
  • 石鹸
  • シャンプー
  • 箸(スプーン)
  • 湯のみ(割れないもの)
  • ふきん
  • 履き物(かかとの入る運動靴等)
  • 防水シーツ(必要時)
  • ボックスティッシュ
  • くず入れ
  • 時計
  • ハンガー
  • マスク
  • 保湿剤(必要時)

※1 当院では、原則、レンタルの寝間着セット(1回300円)をご利用いただくこととしておりますのでご理解とご協力をお願いします。ご利用に関しては、看護師にお申し出ください。
※入院に直接必要でない多額の現金、貴重品等はお持ちにならないでください。現金及び私物の盗難、紛失に対しては責任を負いかねますので、ご注意ください。
※スリッパを履いて歩くときは、「つまづき」や「滑り」による転倒に気をつけてください。
※ご持参になられたものは、退院時には必ずお持ち帰りください。

個室を希望する方は、病棟看護師(予定入院の方は外来看護師)にお申し出ください。治療上ご希望に添えないことがありますのでご了承ください。

食事は朝・昼・夕の3回を病状に応じてご用意いたします。その他の食べ物については主治医の許可を得てください。自炊、外食等はご遠慮ください。

【起床】早く目覚めた方は他の患者さんの安眠の妨げにならないようにお過ごしください。
【消灯】消灯時間は22:00です。消灯後の談話やテレビの視聴はご遠慮ください。どうしても眠れない方や読書をする方は、他の患者さんの迷惑にならないようお願いします。

起床時間 6:00
消灯時間 22:00

入院患者さんに快適にお過ごしいただくための、設備・院内施設の一覧です。

設備について
洗面・
トイレ
いずれも病棟各階に設置されています。介助が必要な場合は、無理をせず、あらかじめスタッフステーションにご連絡ください。
入浴 シャワー・入浴については、必ず主治医や看護師にご相談のうえご利用ください。介助が必要な方は、看護職員がお手伝いします。

当院では、患者さんをはじめ、病院を利用する皆さまに院内で気軽にインターネットを利用していただけるよう、無料で利用できる公衆無線LANサービスの環境整備をしております。

院内公衆無線LANについて

当院では、原則、レンタルの寝間着セット(1回300円)をご利用いただくこととしております。レンタル料のご負担をお掛けしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

セット内容 寝間着1枚(上下)、
フェイスタオル2枚
サイズ・色 【S/Mサイズ】 ベージュ
【L/LL/ELサイズ】 青

※交換を希望される場合は、その都度1セット分のレンタル料が発生します。
※レンタル料は入院費と合わせて請求します。
※退院時には返却をお願いします。

当院にあるローソン豊橋市民病院店では、ワゴンによる出張販売を実施しております。
※各階のデイルームの出張時間については、店舗までお問い合わせください。
TEL:0532-33-3023

移動販売について

当院では、患者さんの負担による付き添い看護を行っておりません。

クリニカルパスとは、疾病の治療目的(手術、検査等)に応じて、入院中に実践する治療・検査・看護・処置・指導内容などをスケジュール表にまとめたものです。
内容については、各診療科のページをご確認ください。

診療科・部門

退院手続きについて

  • 主治医から、退院の許可がおりましたら、看護師と退院の日程調整を行ってください。
  • 退院は、なるべく退院日の午前中にお願いします。
  • 退院時には、退院日までの「診療費等のお知らせ」と「診療明細書」をお手元にお届けします。
  • 退院後の受診予約を取得した患者さんには退院案内表に次回予約日を印字しお渡しします。
  • 証明書等の記載については、当日発行できないものもありますので、早めにお申し出ください。書類によって、退院後に書類受付に申し出てもらうことがあります。

入院費用について

  • 当院はDPC対象病院です。
  • 健康保険法の算定基準により算出いたします。保険適用外である「室料差額」や「文書料」等につきましては当院で別に定めた料金により算出いたします。

DPC制度は、急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度です。この制度により、同じ疾患、症状で入院した場合、治療に要する費用の一部を「1日あたりの定額」として設定し、どこでも標準的治療が受けられることを目的に作られました。当院は平成18年6月から「DPC制度」を導入しています。

DPCとは、「診断(Diagnosis) 診療行為(Procedure) 組み合わせ(Combination)」の略で、傷病名、病状、手術、処置、検査等により、患者さんの入院の治療内容を分類して、その診断群分類ごとに医療費を計算する制度のことです。この制度により、診断群分類ごとの1日あたりの医療費が定額として設定され、どこでも標準的治療が受けられることを目的に作られました。DPC制度のメリットは、無駄のない効率的な医療の追求による医療費の抑制、全国のDPC病院から集められたデータの公開による医療の平準化があります。

高額療養費制度は、病院の窓口で支払う医療費が一定限度を超えた場合、払い戻しが受けられる制度のひとつです。年齢や所得に応じて、本人が支払う医療費の上限(自己負担限度額)が定められています。限度額適用認定証は、保険証とともに窓口に提示することで、1か月(1日から月末まで)のお支払いが自己負担限度額までになります。

入院中のお願いと注意

  • 入院中は医師及び看護師の指示に従ってください。
  • 入浴、シャワー浴については、主治医の許可が必要です。
  • 院内の散歩を希望する方は、主治医の許可が必要です。
  • 外出・外泊を希望する方は、主治医の許可が必要です。
  • 病状、その他の都合により病室・病棟の移動をお願いすることがあります。
  • 院内の器具等を破損又は紛失された時は弁償していただくことがあります。
  • 症状が安定した場合や、慢性期の状態に移行したと主治医が判断した場合、退院又は転院をお願いすることがあります。
  • 入院中は他の医療機関に受診することはできません。
  • 患者さんやご家族のご協力をお願いします。

その他、ご不明な点がありましたら、遠慮なく職員にお尋ねください。

院内でのお願い

関連情報